少しずつからでも始められる利便性の高い貯蓄法を調査

将来にお金を残すために利便性の高い貯蓄法を選ぼう

>

どこの銀行に預金するのか

積立定期預金のメリット

銀行に預金する際は、積立定期預金を選びましょう。
これは毎月決められた日に、決められた金額を自動で貯める預金のシステムです。
毎月、自分で銀行に行ってお金を入れなくて良いので、貯蓄し忘れることがありません。
毎月確実に貯蓄できることが、この方法のメリットです。
通常の預金よりも、積立定期預金は金利が高く設定されていることも魅力ですね。

これまで普通預金で貯蓄をしていた人は、この機会に積立定期預金に切り替えてください。
基本的にどこの銀行でも、積立定期預金を用意していると思います。
適用される金利が0.1パーセント未満であることが多い面には、注意しましょう。
利息には、20.315パーセントの税金が発生します。

銀行同士を比較する

積立定期預金は金利が高めだと言われますが、銀行ごとに差があります。
いくつかの銀行を調べ、その中で特に金利が高いところを選択することが、うまく貯蓄をする方法だと覚えておきましょう。
実際に銀行に行き、積立定期預金の金利や利用した場合のメリットなどを聞くのがおすすめです。
この時に丁寧に接してくれるということは、非常に大きなポイントです。

積立定期預金は、言うなれば銀行にお金を預ける貯蓄法です。
態度が雑な銀行員がいるところには、安心してお金という大切なものを預けることができません。
信用できる銀行員がいることも条件に含めて、銀行を選択しましょう。
比較できるよう、最低でも2つの銀行を調べて自分の目で確かめましょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる