不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

不妊症とは

不妊症とは子供が欲しいと思っていて、定期的に性交渉がある夫婦なのに1-2年自然に性交渉をしているのにもかかわらず妊娠をしない場合を不妊症といいます。
今不妊症になっている夫婦は30万組以上がいるといわれています。
不妊治療をしている人の半数は子供をもうけているので、不妊治療をすれば不妊症が改善する見込みは50%以上あると考えられます。

しかし不妊症の治療をしている夫婦は実際には少ないといわれています。子供ができる生殖年齢の夫婦に1割は子供がいないといわれています。
それは140万組位にのぼります。今実際に不妊症治療をしている夫婦は30万人にしかすぎませんから110万人は不妊症治療をしないままなのです。

不妊かもしれないと思ってはいても、なかなか不妊症治療に乗り出せない夫婦が多いのはお互いの子供に対しての価値観もそうですし、不妊症治療に対する知識の乏しいことも原因になっています。
治療を受けたのにもちろん子供ができない夫婦もいるかもしれませんが、不妊症治療をするということは不妊症を改善させるためにはとても有効な方法です。
治療には時間がかかる人もいますし、治療がすぐに子供ができる人もいますから、不妊症治療の効果は様々です。
しかし治療をしないよりは、する方が妊娠する可能性は明らかに確率として上がりますから、もし子供が欲しいと思っている人は、一度二人で揃って病院へ行くといいでしょう。
不妊治療を専門に行っている病院は今増えています。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved