不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 男性不妊の診断方法
男性不妊の診断方法

男性不妊であるかどうか、これを調べるためには検査をしなければいけません。
男性不妊だと確定するための検査についてここでは考えていきましょう。
まず精液の検査は必須です。
精液の検査は、精液を採取して、それを検査していくのですが、検査前数日は射精してはいけないことになっていますし、コンドームを使っての採取もいけません。

次に男性の場合でもホルモン検査を行います。
ホルモン検査を行うというケースは、一般的に精子検査で異常が見つかった場合に、次の検査として行われることが多いです。
ホルモンというのは精巣の働きに影響を与えますので、もし精子検査で引っ掛かった場合には精巣機能が正常であるかどうかを調べるために、ホルモンの検査を実施します。

次に性器検査ですが性器検査は、前立腺や陰茎などに異常がないかどうかチェックしていきますが、チェック方法は、触診と直腸検査の両方実施するケースもあります。
精巣の組織検査という検査も行うことがありますが、これは輸精管造影検査をして、精子が運ばれる過程で異常がないかどうかのチェックです。
精管撮影法で、レントゲンを撮って、精子が通ってくるところに炎症が起きていないかどうかを見て調べる検査もあります。
最後に一般的な男性不妊の検査方法として、最近多いのがED検査です。
勃起不全ではないかどうかを調べるための検査ですが、これはとてもデリケートな問題で、精神的なこともかかわっているので慎重に行われます。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved