不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 夫婦で不妊診断を受ける
夫婦で不妊診断を受ける

不妊の検査は男性だけ、女性だけといったばらばらに受けるだけでなく夫婦で検査を受けるというケースの方が望ましいでしょう。
夫婦で不妊の検査を受ける場合には女性不妊、男性不妊、それぞれの検査方法を少しずつとって行うような検査になります。
例えばまず行われるのが、フーナーテストです。
これは性交渉をした後に検査をするのですが、夫婦で性交渉を実際にしてもらったうえで行う検査です。

次に頸管粘液検査も行いますが、これは子宮頸管の粘液を検査でチェックします。
採取の方法についてですが、針のない注射器のようなものでとっていきますから、特に痛みは感じないと思いますが、これで子宮頸管の粘膜の中で、精子が働いているかどうかをチェックしていきます。

もし正常に精子が動いているという場合には正常という結果になりますが、もし免疫不全ということが分かれば、精子の運動を妨げるような抗体が女性の粘膜にあることになりますから不妊治療をしていく必要があります。

不妊の検査については、できるだけ単体で行動をしないで、夫婦そろって協力をして行うことが望ましいでしょう。
不妊の原因はしばしば女性だけにあると誤解している人が多いですが、どちらにでもある可能性は否定できません。
ですから、どちらから先に検査をしてもいいのですが、夫婦そろって、スタートの時点から一緒に不妊治療をしていくということがとても大切なことです。
協力をして不妊治療を受けることがスムーズな不妊治療につながります。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved