不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

機能性不妊

機能性不妊という言葉がありますが、これは何なのでしょうか。
機能性不妊というのは原因が特にわかっていないタイプの不妊症です。
検査の結果を見てみると、特に異常な部分は見当たらないのにもかかわらず、自然妊娠がしない状態のことをいいます。
不妊症で悩んでいる夫婦のうち、1割程度は機能性不全に悩んでいるとも言われています。

機能性不妊は原因不明ですから、何をどうやって治療していけばいいのかわからないことが多いです。
治療にも大変時間もかかりますので、気が付けばかなり高齢出産になる年齢に到達していることもありますし、なかなか治療が進まないストレスも感じ始めることもあります。

機能性不妊だと診断された場合には治療法としてタイミング指導を行い、まずは排卵日前後に性交渉をして妊娠できるかどうかをチェックしていきます。
その際排卵誘発剤を使って排卵を促すケースが一般的です。
もしそれでも不妊症が続いている場合には、さらに治療が進み、人工授精をしてみたり、体外受精をしたりして不妊治療を進めていきます。

機能性不妊は原因不明とはいわれていますが、実際には治療を続けていく間に、原因が分かることもあります。
特に腹腔鏡検査を受けたことがきっかけで、原因がはっきりすることもあります。
この検査は入院が必要で、全身麻酔の上で下腹部の切開が必要な検査ではありますが、不妊症で原因が分からない場合の重要な検査になりますので、医師と相談した上で受けてみるのもいいでしょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved