不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 不妊症と喫煙
不妊症と喫煙

不妊症の原因になっていることの一つとして喫煙の問題があります。喫煙をしている人は不妊症と深くかかわっているといわれているのです。
たばこは吸えば吸っている人の肺に何らかの影響が出るのはもちろんですが、周りにいる、直接たばこと吸っていない人にも影響があるとされています。
これは受動喫煙と呼ばれる状態です。受動喫煙は妊娠している人の場合にはお腹の赤ちゃんにも影響を与えますし、もし不妊症の人の場合には不妊をさらに悪化させる要素もあるので注意が必要です。

卵子の異常のケースを見てみると、受動喫煙をしている人は、し血えない人に比べると2.5倍の異常な卵子を持っているという結果が出ていますし、精子の数についても、喫煙と関係性があります。
喫煙者と受動喫煙者は、たばこを吸わない人に比べると、13%前後しか精子が作れないといわれているのです。

体は健康なのに喫煙をしているというだけで不妊症になってしまうこともありますから、喫煙している人で不妊症の可能性がある人は、少し制限したほうがいいでしょう。
できれば制限というよりも不妊症で悩んでいる人は、治療をするにあたって喫煙をしなければいけないと思います。不妊症の治療も喫煙している人より、禁煙している人の方が妊娠しやすいという結果が出ています。
生まれる子供にも影響が出ますし、妊娠しにくいという状況もありますから、できるだけ不妊症の治療をするにあたっては禁煙することを心がけておきましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved