不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 排卵誘発剤と不妊症
排卵誘発剤と不妊症

排卵誘発剤は不妊症治療の際に使われることが多い薬です。
排卵誘発剤は、脳や卵巣を薬によって刺激することで、排卵を促進させる効果があります。
不妊症の治療の中でも特に初期の段階である、タイミング療法と一緒に組み合わせて使われることが多い薬です。
不妊の治療をする際に、排卵誘発剤を使う目的としては、自力で排卵するのが難しい人や、排卵はしているのに何らかの異常がある人、卵巣機能をアップさせる目的や体外受精を行う時に卵子を沢山取ることが目的で使われます。

内服薬と、注射の二種類があり、最初は少ない量からスタートして、不妊治療が進むにつれてだんだん量を増やしていくのが一般的です。
最初は内服薬を飲んで、それでも効果がないという場合には注射をするのが一般的ではないでしょうか。


排卵誘発剤を使うと、卵子が通常1個生まれるところ、複数生まれることになるので、多胎妊娠につながる可能性が高いです。
多胎妊娠、つまり2個の卵子なら双子、3個の卵子なら三つ子といったように、不妊治療の排卵誘発剤を使うことで、こうした出産を経験することになるのです。

もちろん自然妊娠でも多胎妊娠をすることはありますが、それは全体の1割にも見たしません。
排卵誘発剤を使って不妊治療をした場合には、内服薬を飲めば5%の確率、注射をすれば20%の確率で多胎妊娠するといわれています。
過去に7つ子までは正常に出産した例がありますが、それ以上は危険を伴うケースが多いようです。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved