不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

不妊の原因

不妊の原因は人それぞれ違っていますが、何が原因で不妊になっているのでしょうか。
女性に原因がある場合と、男性に原因がある場合がありますから、どちらに原因があるのかは検査をして知る必要があります。
女性だけに原因があるのは41%、男性だけに原因があるのが24%、両方に原因があるのが24%となっていますが、原因不明も11%あるとされています。
男性だけに原因があるケースと、女性だけに原因があるケースを比較すると、女性だけに原因がある方が率としては多いのですが、男性に原因があるケースと、男女両方に原因があるケースは全体の半数になっていることを覚えておきましょう。

不妊の原因がどちらにあるのか、それを知るためには検査をしなければいけません。
不妊の原因がどちらにあるのか検査をする場合に、女性だけ行くというケースがありますが、この場合できれば夫婦そろって検査にいった方がいいでしょう。
不妊症は女性に原因があると思われがちですが、その先入観を捨てて検査は夫婦二人で行くのがいいでしょう。

どちらかに原因がある場合もあれば、両方に原因がある場合もあるわけですから、夫婦そろって検査に行くのが一番なのです。
妊娠そのものは夫婦の問題になりますから、どちらか一人だけが不妊治療力を入れても意味がありません。
二人揃って不妊治療を開始して協力して進めていかなくては、うまく治療も進みませんし、一緒に取り組むことが重要なポイントです。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved