不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 女性不妊とは
女性不妊とは

女性不妊とは、女性側に問題があって不妊になっている状態のことをいいます。
女性不妊と一言で言っても、原因は色々とあり、大きく分ければ3つの原因があります。
例えば排卵障害によって不妊になっている、卵管に障害があって不妊になっている、そして着床に障害があるために不妊になるといった三つの状態があるのです。
排卵障害によって不妊になっているという場合には排卵の時にホルモンバランスが崩れることが原因の多のう胞卵巣症候群であったり、プラクチンの値が異常になりホルモンのトラブルになっている高プラクチン血症が原因になっていることもあります。
また卵巣のう腫の可能性もあります。

卵管の生涯によって不妊が起こる場合には子宮内膜症になっていたり、性感染症になっているために卵管が詰まり、排卵された卵子がちゃんと精子にたどり着かないことで不妊になるケースがあります。

着床の障害によって不妊症になっているという場合には、子宮の形状異常に問題があるかもしれません。
子宮の形が生まれつきおかしかったり、成長過程に異常があるケース、子宮がない人もいます。
子宮組織の異常なども着床障害の原因になっています。
子宮筋腫や子宮内膜症などにかかっていないかどうか、検査を受けたほうがいいでしょう。

このように女性不妊といっても色々と原因はありますから、まずは検査を受けて、何が原因で、女性不妊になっているのか知る必要があります。
知った上で治療法を考えて不妊治療を進めていくことになります。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved