不妊症の原因と不妊治療の方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 女性不妊の診断の不法
女性不妊の診断の不法

女性不妊かどうか調べるためには検査が必要です。
どのような検査を行って女性不妊かどうかを調べるのでしょうか。
ここでは女性不妊をと診断するまでに受ける検査について考えていきましょう。
まず女性不妊に関わらず、不妊症の治療では最初に問診を行います。
女性不妊の場合には基礎体温を測り、その結果を見て排卵が異常ではないかどうかを確認していきます。
不妊症かもしれないと感じて病院に行けば、基礎体温を見ながら話をすることが多いのです。

子供をこれから作ろうと思っている人や、不妊かもしれないと感じた人は基礎体温を日ごろから付けておくと便利です。
その後問診を経て診察をすることになります。
診察は膣の中の検査と、触診をして診断していきます。
超音波検査も行いますが、この検査では超音波診断装置を使って、子宮が正常な大きさであるかどうか、子宮筋腫にかかっていないか、卵巣のう腫になっていないかどうかなど、くまなくチェックしていきます。

排卵前になれば、誰もが支給の入り口部分の粘膜は増えるのが普通ですが、それによって精子が子宮に入りやすくなります。
ですが何か異常があった場合には、粘膜の中に精子を殺す抗体がある場合もあるので、検査をする前に3-8時間前に性交渉をしてその後の粘膜を取って抗体を調べて確認します。
他にもホルモン検査や感染症検査などをして、女性不妊の原因をチェックしていきます。
人によってはすぐに原因がわかり女性不妊だと診断されることもありますが、個人差があります。

関連エントリー
Copyright © 2009 不妊症の原因と不妊治療の方法 . All rights reserved